クレジット 閉じる
バイク 映画『俳優 亀岡拓次』 映画『俳優 亀岡拓次』 buzzes 半券チケットキャンペーン実施決定☆ 映画『俳優 亀岡拓次』 映画『俳優 亀岡拓次』 映画『俳優 亀岡拓次』
INTRODUCTION 山形、モロッコ、三ノ輪、四谷・・・・呼ばれればどこへでも。なるべく仕事は断りません。 “最強の脇役俳優”の不器用で愛すべき恋と人生。 笑って心温まる奇想天外エンタテインメント!! 映画『俳優 亀岡拓次』 映画『俳優 亀岡拓次』 映画『俳優 亀岡拓次』

俳優・亀岡拓次。それは映画やテレビドラマなど、誰もが“どこかで見かけたことのある”役者。だけどパッと名前が思い浮かぶことはない。泥棒、チンピラ、ホームレス……演じた役は数知れず。声がかかればどこにでも、どんな役でも駆けつける。37歳独身で、彼女もナシ。趣味はお酒。ひたすら撮影現場と酒場を行き来する日々を送っている。恋に奥手で、生き方は不器用。

この愛すべきキャラクターが、安田顕という俳優の“核”とシンクロし、とってもチャーミングな大人の男“カメタク”として魅了する! “人生は主役ばかりじゃないさ”。そう優しくつぶやき、そっと疲れた背中を押してくれるような、ハートフルな人生賛歌をつくりあげた。

亀岡演じるのは、今最も旬な男・安田顕。硬軟男女(!)あらゆる役をカメレオンのように演じ分け、映画・ドラマ・舞台・バラエティなどでひっぱりだこ。「下町ロケット」『龍三と七人の子分たち』『ビリギャル』『みんな!エスパーだよ!』ほか数々の話題作に出演。いま、最も公演チケットが取れないと言われる超人気演劇ユニット“TEAM NACS”のメンバーでもある。日本を代表する新たな名バイプレーヤーとして、味わい深い“大人の男”として注目を集めるこの個性派俳優が、いよいよ待望の映画主演に挑む!……が、(主役なのに)まさかの脇役!?

そして“亀岡拓次≒安田顕”の周りには、若手実力派から大御所ベテラン俳優まで豪華キャスト陣が集まった。亀岡が恋する小さな居酒屋の若女将・安曇を魅力的に演じるのは麻生久美子。皆の心を柔らかく虜にする、まさに癒しのマドンナだ。亀岡が憧れる舞台女優・松村夏子には、三田佳子。圧倒的な存在感で大女優の風格を生々しく醸し出す。山﨑努はあの名匠を彷彿とさせる風貌で大御所監督として登場、強い印象を残す。 劇中で撮影されている数々の映画の監督役には、新井浩文、染谷将太、そして、『さよなら渓谷』『まほろ駅前狂騒曲』で知られる本職の映画監督・大森立嗣。そのほか、宇野祥平、杉田かおる、工藤夕貴、浅香航大ら稀代の演技派たちが随所でスパイスを効かせる。「あの人が、こんな役に!」とまさかの俳優の“脇役”を楽しめるのも、本作の醍醐味のひとつだ。

原作は、実に五度の芥川賞候補にもなった作家・戌井昭人の同名小説。パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」を主宰し、俳優としても活躍する著者の“業界あるある”が満載。映画や舞台の現場で巻き起こる、ヘンテコな人々によるおかしな事件は「もしや実話!?」とのウワサ。

監督は横浜聡子。独特の着想と鮮烈にスパークする演出で、デビュー時から“天才”とクリエイターからも絶大な評価を受けている鬼才だ。今回は松山ケンイチ主演『ウルトラミラクルラブストーリー』以来、6年ぶりの長編新作。国内外で熱く期待される若手監督の新境地が見られることにも注目だ。

また音楽はあのNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の大友良英。アート・シーンからメジャーまで世界的に活躍する超一流ミュージシャンであり、『ウルト~』でも横浜監督と組んだ彼。亀岡拓次が巻き起こす恋と映画の珍騒動を、ユーモアとペーソスたっぷりに彩ってくれる。

この冬、カメタクがハッピーを贈ります!!

STORY

亀岡拓次【カメオカタクジ】(安田顕)、37歳独身。職業は脇役メインの俳優。泥棒、チンピラ、ホームレス・・・演じた役は数知れず。監督やスタッフから愛され、現場に奇跡を呼ぶ?と言われる“最強の脇役”。呼ばれればどこへでも、なるべく仕事は断らない。プライベートは一人お酒を楽しむ地味な生活。

そんなある日の夜、ロケ先で訪れた長野県諏訪市でのこと。
初めて入った居酒屋「ムロタ」のカウンター席でうとうと眠りこけていた亀岡。冷たい隙間風に起こされると、そこには美しい若女将の姿があった。
名は安曇【アヅミ】(麻生久美子)。地元の名物だという寒天をつまみながら、気の利いた彼女の会話にすっかり癒される亀岡。
「淋しくなったら、また飲みに来てくださいよ」―優しく微笑む安曇に、亀岡は恋をしてしまう。

甘い時間も束の間、再びロケや撮影所など、都内から地方へと忙しく飛び回る日々。はじめて引き受けた舞台の仕事で、劇団・陽光座の稽古場にも通う。

ある日、亀岡に大きなチャンスが訪れた。彼が心酔する世界的巨匠、アラン・スペッソ監督が極秘で来日しており、その新作オーディションを受けることになったのだ。

カメタクの一世一代の恋の行方は?そして初の海外進出なるのか・・・?

映画『俳優 亀岡拓次』 映画『俳優 亀岡拓次』 映画『俳優 亀岡拓次』 映画『俳優 亀岡拓次』 映画『俳優 亀岡拓次』 映画『俳優 亀岡拓次』 映画『俳優 亀岡拓次』 映画『俳優 亀岡拓次』 映画『俳優 亀岡拓次』 映画『俳優 亀岡拓次』
INTERVIEW

—亀岡拓次はどんな人ですか?
浮世離れでもなんでもなく、飄々と、ただ漂っている。不思議な人間ですよね。彼の核はブレないので、どんな時代に生きていようと、この先何歳になろうと、同じ生き方をしているんだろうなと思います。亀岡は、日常の変化はあるのだけど、彼はどこにいても彼のまま。そんな亀岡のありのままの魅力が周りの人たちに愛されている。この物語が魅力的なのは、彼が周りの人たちに恵まれていることが描かれているからだと思います。

—亀岡が恋をする安曇を演じた麻生久美子さん。共演されてどうでしたか?
居酒屋にあんな女将さんがいたらそりゃ好きになっちゃいますよね。素敵な方でした。

—山﨑努さん、三田佳子さん、大御所との共演も濃密でした。
三田さんは、カット割りや「こうなるだろうな」という予想を覆す方でした。その場にいる誰しもに「三田さんを撮ろう」と思わせる力があるんです。至近距離でお芝居をしたときは、文字通り目に吸い込まれそうな感覚に陥りました。あと、山﨑努さんが橋の上からずぶ濡れの僕に「ご苦労さん」と言ってくれたときは、逆光で後光が差している山﨑さんがあまりにもかっこよくてグッときました。

-横浜監督とはいかがでしたか?
横浜さんはおそらく、どんな作品をとっても横浜聡子という色が残ると思いますし、その名前でお客さんを呼べる人だとはっきりわかりました。(イマジネーションが豊かすぎて)お客様の予想の一歩先を行くとわけわからなくなりますが、きっちり(みんなが理解しつつ驚ける)半歩先を行っている作品に仕上がっているところがすごい才能だと思います。

CAST
安田顕 YASUDA KEN 安田顕 YASUDA KEN 安田顕 YASUDA KEN 麻生久美子 ASOU KUMIKO 麻生久美子 ASOU KUMIKO 麻生久美子 ASOU KUMIKO 宇野祥平 UNO SHOHEI 宇野祥平 UNO SHOHEI 宇野祥平 UNO SHOHEI 新井浩文 ARAI HIROFUMI 新井浩文 ARAI HIROFUMI 新井浩文 ARAI HIROFUMI 染谷将太 SOMETANI SHOTA 染谷将太 SOMETANI SHOTA 染谷将太 SOMETANI SHOTA 浅香航大 ASAKA KODAI 浅香航大 ASAKA KODAI 浅香航大 ASAKA KODAI 杉田かおる SUGITA KAORU 杉田かおる SUGITA KAORU 杉田かおる SUGITA KAORU 工藤夕貴 KUDOH YOUKI 工藤夕貴 KUDOH YOUKI 工藤夕貴 KUDOH YOUKI 三田佳子 MITA YOSHIKO 三田佳子 MITA YOSHIKO 三田佳子 MITA YOSHIKO 山﨑努 YAMAZAKI TSUTOMU 山﨑努 YAMAZAKI TSUTOMU 山﨑努 YAMAZAKI TSUTOMU

安田顕 YASUDA KEN
俳優 亀岡拓次 1973年12月8日生まれ。北海道出身。演劇ユニット「TEAM NACS」メンバー。舞台、映画、ドラマなどを中心に全国的に幅広く活動中。出演する舞台、映画、ドラマでは硬派な役から個性的な役まで幅広く演じている。
最近の映画の出演作に、『龍三と七人の子分たち』(15)、『新宿スワン』(15)、『みんな!エスパーだよ!』(15)ほか多数。またTVドラマにも多数出演しており、「アオイホノオ」(テレビ東京 14)の庵野ヒデアキ役や、「問題のあるレストラン」(フジテレビ 15)の女装のハイジ役、「下町ロケット」(TBS 15)など個性的な役が多い。

麻生久美子 ASOU KUMIKO
居酒屋ムロタ
室田安曇
ロケ先の居酒屋で出会う亀岡が恋に落ちる女性
1978年6月17日生まれ、千葉県出身。今村昌平監督『カンゾー先生』(98)にヒロインに抜擢され、第23回報知映画賞と第22回日本アカデミー賞にて最優秀助演女優賞を受賞。その後も『夕凪の街 桜の国』(07)で第32回報知映画賞最優秀主演女優賞、第62回毎日映画コンクール女優主演賞、第50回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞。2009年には「マレーヒルの幻影」で初舞台を踏んだ。横浜監督とは映画『ウルトラミラクルラブストーリー』(09)、100sのPV「モノアイ」(09)に続き3度目の出演となる。

宇野祥平 UNO SHOHEI
俳優宇野泰平
亀岡の俳優仲間
1978年2月11日生まれ、大阪府出身。これまでに100本以上の映画に出演。主な出演作に『超・悪人』(11)『ぼっちゃん』(13)『深夜食堂』(15)など。公開待機作に『セーラー服と機関銃‐卒業‐』(16)『64‐ロクヨン‐前編/後編』(16)など。

新井浩文 ARAI HIROFUMI
山之上監督
Vシネ監督
1979年1月18日生まれ、青森県出身。映画『青い春』(02)で高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞。近年の映画出演作に『アウトレイジ ビヨンド』(12)、『赤い季節』(12)、『永遠の0』(13)、『春を背負って』(14)、『百円の恋』(14)、『寄生獣 完結編』(15)など。
公開待機作に『さようなら』(11月公開)、『星ヶ丘ワンダーランド』(16年公開)他がある。

染谷将太 SOMETANI SHOTA
横田監督
インディーズ監督
1992年9月3日生まれ。東京都出身。子役として活動を始め、09年『パンドラの匣』で長編映画初主演。11年『ヒミズ』で第68回ヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。2012年には『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(11)、『ヒミズ』(12)、『悪の教典』(12)で映画新人賞を数多く受賞。その他の主な映画出演作は、『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~』(14)、『寄生獣』(14)、『さよなら歌舞伎町』(15)、『寄生獣 完結編』(15)、『ストレイヤーズ・クロニクル』(15)、『映画 みんな!エスパーだよ!』(15)など。

浅香航大 ASAKA KODAI
イケメン人気俳優
貝塚トオル
亀岡が参加した作品の主演俳優
1992年8月24日生まれ、神奈川県出身。映画デビューは、『桐島、部活やめるってよ』(12)。2014年、NHK連続テレビ小説「マッサン」の鴨居英一郎役で注目を集める。映画出演作に『悪の教典』(12)『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(13)『脳漿炸裂ガール』(15)『五つ星ツーリスト THE MOVIE 究極の京都旅、ご案内します!!』(15)『桜ノ雨』(2016年春公開予定)がある。

杉田かおる SUGITA KAORU
スナックキャロット ママ
亀岡行きつけの店のママ
1964年11月27日生まれ、東京都出身。7歳の時に子役としてデビュー。1979年に放送された「3年B組金八先生」(第1シリーズ)では、妊娠する中学生(15歳の母)を演じ、話題を集めた。近年の出演作に『女たちの都~ワッゲンオッゲン~』(12)、『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』(13)など。

工藤夕貴 KUDOH YOUKI
藤井 亀岡のマネージャー役 1971年1月17日生まれ、東京都出身。84年『逆噴射家族』で映画デビュー。その後『台風クラブ』(85)に出演。その体当たりな演技で女優として国内外で注目を集めた。以降、海外へも活躍の場を広げ、『ミステリー・トレイン』(89)、『ヒマラヤ杉に降る雪』(00)などに出演。『戦争と青春』(91)では、日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。近作では、『SAYURI』(05)、『佐賀のがばいばあちゃん』(06)、『ラッシュアワー3』(07)、『リミッツ・オブ・コントロール』(09)、『座頭市 THE LAST』(10)、『カラカラ』(13)、『この国の空』(15)。横浜聡子監督作品には『りんごのうかの少女』(13)に続いて2作目の参加。

三田佳子 MITA YOSHIKO
陽光座座長
大女優
松村夏子
1941年、大阪府出身。60年、東映に入社し『殺れてたまるか』のヒロイン役でスクリーンデビュー。以後、『街』『廓育ち』『昭和残侠伝』ほか、日本映画全盛期を代表するスター女優のひとりとして、在籍中60本以上の作品に出演。その後、「外科医・有森冴子シリーズ」や大河ドラマ「いのち」「花の乱」などのTV、「雪国」「夢千代日記」などの舞台でも幅広く活躍。日本アカデミー賞最優秀主演女優賞・ブルーリボン賞・田中絹代賞・芸術祭賞等賞歴多数。14年には旭日小綬章を受賞。 芸能生活55周年となる今年も、初のディナーショーや舞台「ファウスト」「かたき同志」、大河ドラマ「花燃ゆ」の出演等、話題作が続く。

山﨑努 YAMAZAKI TSUTOMU
古藤監督
大御所監督
1936年、千葉県出身。59年、文学座に入団。60年に『大学の山賊たち』(岡本喜八監督)で映画デビュー。『天国と地獄』(63)『赤ひげ』(65)「影武者」(80)といった黒澤明監督作品、『お葬式』(84)『マルサの女』(87)などの伊丹十三監督作品に出演し、日本を代表する演技派俳優に。07年、旭日小綬章を受章。『刑務所の中『(02、崔洋一監督)、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04、行定勲監督)、『おくりびと』(08、滝田洋二郎監督)、『キツツキと雨』(12、沖田修一監督)、『藁の盾』(13、三池崇史監督)など、話題作に出演。最新作は『駆け込み女と駆け出し男』(15)『日本のいちばん長い日』(15)。

監督・脚本 横浜聡子 YOKOHAMA SATOKO 原作 戌井昭人 INUI AKITO 音楽 大友良英 OTOMO YOSIHIDE
監督・脚本 横浜聡子 YOKOHAMA SATOKO 原作 戌井昭人 INUI AKITO 音楽 大友良英 OTOMO YOSIHIDE

監督・脚本 横浜聡子 YOKOHAMA SATOKO
1978年、青森県生まれ。横浜の大学を卒業後、東京で1年程OLをし、2002年に映画美学校で学ぶ。卒業制作の短編『ちえみちゃんとこっくんぱっちょ』が2006年CO2オープンコンペ部門最優秀賞受賞。長編1作目となる『ジャーマン+雨』を自主制作。翌2007年、CO2シネアスト大阪市長賞を受賞。自主制作映画としては異例の全国劇場公開される。2007年度日本映画監督協会新人賞を受賞。2008年『ウルトラミラクルラブストーリー』(出演:松山ケンイチ、麻生久美子)を監督、トロント国際映画祭他、多くの海外映画祭にて上映された。松山ケンイチが第64回毎日映画コンクール男優主演賞など受賞、作品がTAMA CINEMA FORUM最優秀作品賞を受賞、多くの評価を集めた。2011年には短編映画2作品『真夜中からとびうつれ』(出演:多部未華子、宇野祥平) &『おばあちゃん女の子』(出演:野嵜好美、宇野祥平)。2013年は『りんごのうかの少女』(出演:工藤夕貴、永瀬正敏)が、ロンドンで開催された第21回レインダンス映画祭では横浜聡子特集上映で上映された。

原作 戌井昭人 INUI AKITO
1971年東京都生まれ。1995年、玉川大学文学部演劇専攻卒業。文学座研究所を経て、97年、パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」を立ち上げる。2009年「まずいスープ」、11年「ぴんぞろ」、12年「ひっ」で芥川龍之介賞候補。13年「すっぽん心中」で同賞候補、川端康成文学賞受賞(14年)。14年「どろにやいと」で芥川龍之介賞候補。

音楽 大友良英 OTOMO YOSIHIDE
1959年横浜生れ。十代を福島市で過ごす。常に同時進行かつインディペンデントに即興演奏やノイズ的な作品からポップスに至るまで多種多様な音楽をつくり続け、その活動範囲は世界中におよぶ。映画音楽家としても数多くの映像作品の音楽を手がけ、その数は70作品を超える。2012年、プロジェクトFUKUSHIMA ! の活動で芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門を受賞、2013年には「あまちゃん」の音楽他多岐にわたる活動で東京ドラマアウォード特別賞、レコード大賞作曲賞他数多くの賞を受賞している。主な作品は、『アイデン&ティティ』(03)、『カナリア』(05)、『僕は妹に恋をする』(07)、『色即ぜねれいしょん』(09)、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(10)、『きいろいゾウ』(13)、『映画 鈴木先生』(13)。

Buzzes!

全てのコメントを読む
映画『俳優 亀岡拓次』 映画『俳優 亀岡拓次』